ステア

ここでは、ステア に関する情報を紹介しています。


九州各地の蔵元より集めた本格焼酎を正価販売 相互リンク集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


九州各地の蔵元より集めた本格焼酎を正価販売 相互リンク集

その他のお酒に関する情報はこちら。
人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

いらっしゃいませ、こんばんわ
BAR CAUSATIONです。

W杯がいよいよ開幕ですね。
私自身サッカーは好きなので、喜ばしい事ですが、
お店としてはお客様が来なくなってしまうので、いささか心配です。
(2002年の日韓共催の時もそうでした)
それにしてもサッカーのワールドカップに限らず、
スポーツの大会は心を躍らせるマジックがありますね。

いつの日か人の心を躍らせられるお酒を造りたいですね。

さてこれまでいくつかカクテルのレシピを紹介してきました。
スタンダードカクテルからオリジナルカクテルまで様々です。

そのレシピの中でステアという言葉が
何回も出てきました。
ステアとは一言でいうと
かき混ぜると言う事です。

カクテルを作る上では基本中の基本です。
居酒屋で○○サワーなどに付いてくるマドラーやはたまたお箸(!?)などで
くるくるとかき混ぜるのもいいですが、
バーテンダーはこちらを使ってステアをします。





バースプーンと言います。
頭の部分に悪魔が持ってそうなフォークの形をしていて、
更に柄の部分はロール状になっています。

この形には意味があります。

まず悪魔の持っていそうなフォーク。

これは飾りに使うレモンなどのフルーツを直接手で鷲掴みにするのは
見た目も良くないですし、衛生的にもよろしくありません。
ですからフォークでフルーツを指して、触るのは少し指先でフルーツを
支える程度です。

そしてロール上の柄の部分。これはステアをする時に
バースプーンを挟んでいる指の中を滑らかにバースプーンが動くためにです。

さてさて本題のステアです。

ステアは基本は異なるお酒同士を混ぜるために行います。

さらに、氷をグラスに入れるカクテルやお酒においては
瞬間的に素早く冷やすという役割もあります。
ですからあまりステアしすぎると氷が溶けてしまい、
カクテルやお酒が水っぽくなってしまい、味を損ないます。

氷が溶けるのは、ステアの回数にもよりますし、
さらにその時の気温であったり、お酒そのものの温度によっても
異なってきます。
ですからどのタイミングでステアを止めるかの見極めが
ポイントです。

この見極めが非常に難しいです。
こればかりは感覚で掴む他ありません。

ですから、もしBARに行って少し水っぽいカクテルを出されたら、
この店のバーテンダーはまだまだ未熟だなと思ってよいと思います。
(そう言ってる自分もそうですけど)


ステアをする時に本当に混ぜているものは何かを簡単に続きの中で
紹介します。
そしてそれが、お酒を造る人にとって最も大切な事です。

でもその前に。。。お得な情報を一つ。
『赤面症が治った!もうウジウジ、ビクビクしない!90日で誰の目も気にせずイキイキと生活する方法』

実は私はバーテンダーという職業でありながら
大の人見知りであり恥ずかしがり屋です。

ハッキリ言って初対面の人と気軽に話すなんて事は
出来ません。
バーテンダーはただお酒を造ればよいというわけではありません。
お客様に心地よい空間を提供するのが仕事です。
ですから会話は基本中の基本です。
でも話すのは苦手です。

そんな自分を変えてくれたのがこの本でした。↓
『赤面症が治った!もうウジウジ、ビクビクしない!90日で誰の目も気にせずイキイキと生活する方法』


ステアをしている時に本当に混ぜているもの、

それはお酒への想像力、敬意です。

今自分がステアをしているお酒たちは、
どんな状態で、そしてどの状態まで持っていけば
一番飲み手にとって美味しく感じられるか。

自分がステアしている時に、このお酒たちはどのように変化を
遂げているか。

これをバースプーンをもっている指先から感じ取り、
自分の気持ちをバースプーンをつたって
お酒に伝えられるか。

これがステアをする上で最も大切な事です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://drinkingdrunkdrink.blog42.fc2.com/tb.php/130-dbf9c9a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
モルトの権威がウィスキー全般にわたってわかりやすく解説している。最近のスコッチの状況についても詳しいし、米国の歴史も学習できる。今まで疑問に思っていたことも、結構解決できた(今更聞けないことの実に多いことか)。ウィスキー・コニサーになるには難しいけれど...
2008/01/02(水) 03:47:08 | お酒がすごくよかった
日本酒って結構コダワリのキツイマーケットなので・・だからこういう薀蓄本が必要なんですよね。その中ではまあ、ソフト感のある方なんじゃないかと思います。「夏子の酒」って昔懐かしい漫画を知らない人は、ちょっとあんまりピンと来ないかも。30代以上のオジ様志向、漫...
2008/01/05(土) 13:51:26 | お酒がすごくよかった
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。