簡単カクテル覚え方 vol.1

ここでは、簡単カクテル覚え方 vol.1 に関する情報を紹介しています。


九州各地の蔵元より集めた本格焼酎を正価販売 相互リンク集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


九州各地の蔵元より集めた本格焼酎を正価販売 相互リンク集

簡単カクテル覚え方 vol.1

いらっしゃいませ。
BAR CAUSATIONです。

カクテルっていっぱいあって覚えづらいという声を
お客様からよく聞きます。

自分自身ももちろんそうでした。
まぁ今でもそうですけどね。

学生の時から記憶、暗記物は大の苦手でテストはダメでした。
でもそういう記憶の仕方ってコツがあるんですよね。
先輩のバーテンダーからカクテルを覚えるコツを
教えてもらいました。

カクテルにおいてはスタンダードなカクテルって
名前が似ている事が多いんです。

○○バックとか○○リッキーとか。

つまり結構分類わけがされていて、割り方が一緒だったりします。
今回はスタンダードなものを。

・○○バック

   こちらはスピリッツにレモン、もしくはライムを搾った物を入れて
   ジンジャエールで割った物。

・○○リッキー
   こちらはスピリッツにライムを搾った物を入れて、ソーダで割った物。

・○○トニック
   こちらはスピリッツにライムを搾った物を入れて、トニックウォーター
   で割った物。

これだけで4大スピリッツ(ジン、ウォッカ、ラム、テキーラ)から4×3で
12個のカクテルを覚えた事になります。
(注:ウォッカの場合、ウォッカバックはモスコミュールになります。)

どうです?こんな感じでカクテル、または作り方はチョットですが
覚えられます。
バーテンダーだって記憶力がいいわけではありません。
各バーテンダーで色々な覚え方でちょっとづつ覚えているのです。

さてさて今回記憶の話が出ましたが、最近外国人のお客様のお相手を
する事が多くなりました。
そうです、英語がバーテンダーにも必要な時代になってきたわけです。
でも私は先にも書いたとおり、英語を英単語を覚える事が大の苦手です。
そんな時にコチラを読んで勉強を始めました。
三日坊主が英語上手に華麗に変身! 最強&最速 英語ラーニングセミナー

こちらの作者の方は留学経験もあり、なんだそんな人なら出来て当たり前だと
思っていました。
しかしながら、逆に考えると留学を出来るぐらい語学力を実に付けられる
方法を知っていると言う事です。
英語を覚えた人には2通りあって留学して向こうの環境で覚えるという人と、
日本で力をつけて、向こうでもっとバリバリ話すという人。
こちらの人は日本で力をつけたタイプの人です。
ちなみに私はこれでお客様とは2時間は普通に話が出来るようになりましたよ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://drinkingdrunkdrink.blog42.fc2.com/tb.php/139-1a5bd82f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。