白ワインのブドウ品種とは(ワインの味を決めるモノ達)

ここでは、白ワインのブドウ品種とは(ワインの味を決めるモノ達) に関する情報を紹介しています。


九州各地の蔵元より集めた本格焼酎を正価販売 相互リンク集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


九州各地の蔵元より集めた本格焼酎を正価販売 相互リンク集

いらっしゃいませ
Bar CAUSATIONです。

今日はクリスマスですね。
昨日紹介した赤ワイン、そして今日紹介する白ワインと
どちらもクリスマスのムードを盛り上げてくれます。
そして選んだワインが料理に合い、相手に合うワインなら
なおさらです。

さて今回は前回に引き続きブドウ品種についてです。
前回は赤ワイン、今回は白ワインです。

前回にも言いましたがワインの味を決めるのは以下の5つです。

1.ブドウ品種
2.気候
3.土壌
4.年(ビンテージ)
5.生産者の心意気


ワインはブドウの品種によって様々な味わいを見せます。
白ワインですと大きく分けると辛口、甘口と分かれてきます。

では白ワインの代表的な3つの品種について書きます。


      


シャルドネ
味の特徴:酸味とコクのバランスがとれたワイン。
       若ければ酸味が、年を重ねればコクが。
       フルーティな味わい。
       ちょうど辛口甘口真ん中ぐらいのワインが多い。

香りの特徴:りんごや柑橘系の香り。有名な例えに「火打ち石」と称される。
       
主な産地:フランスのシャブリ地方、ブルゴーニュ地方。
       カリフォルニア、オーストラリア。

有名なワインに「シャブリ」がある。


ソーヴィニヨン・ブラン
味の特徴:スッキリとしたフルーティさがある。一般的には辛口。

香りの特徴:青々とした香りが強い。爽やかさを感じる。
        有名な例えに「猫のオシッコ」と称される。

主な産地:フランスのロワール地方、ボルドー地方。
       カリフォルニア。

ファミレスでも置いてある品種。それだけバラエティに富んでいるということ。

リースリング
味の特徴:基本的には甘め。中には辛口もあり。
       フルーティさを感じやすいワイン。

香りの特徴:青りんごや柑橘系の香り。

主な産地:ドイツ。

他のワインのブドウ品種についてはコチラ

香りで何々と称されるというのはよくある話です。
しかしその喩え方を如何に複雑にする必要はありません。
そういう傾向はあり、かっこよく聞こえますが、ほとんどは
何を言っているかわからないで終わります。
あなたが感じたように表現すればいいだけです。
それがワインの一番の評価になります。

さて今回はクイズを一問。
前回、今回と赤ワイン、白ワインを取り上げましたが、
二つとも当たり前ですがブドウから出来ます。

では問題です。

「赤ワインと白ワインの色の違いはどこから生まれるのでしょう?」


ちなみに白ワインがマスカットや白っぽいブドウから出来ていると
思っていた方々、それは残念ながら完全に間違いです。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
今日の一杯

   ・キール
      
      ・クレームドカシス 30ml
      ・白ワイン 180ml

      先日キールロワイヤルを紹介しました。
      キールロワイヤルカシスにスパークリングワインを、
      キールはスパークリングではなく白ワインを使います。

      使う白ワインは辛口、もしくは中辛ぐらいのものがお勧めです。
      
      キールロワイヤルより、じっくりと飲みたい方にお勧めです。
      (スパークリングワインの微発泡を気にしなくてよいから)

その他のワインベースのカクテルはコチラ
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://drinkingdrunkdrink.blog42.fc2.com/tb.php/24-c14c3bf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。