リキュールとは? リキュールってなんだ?

ここでは、リキュールとは? リキュールってなんだ? に関する情報を紹介しています。


九州各地の蔵元より集めた本格焼酎を正価販売 相互リンク集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


九州各地の蔵元より集めた本格焼酎を正価販売 相互リンク集

いらっしゃいませ
BAR CAUSATIONです。

さて以前スピリッツ(ジン、ウォッカ、ラム、テキーラ)について書きました。
今回はスピリッツ同様、どこのBARにいっても置いてあるリキュールについてです。

そもそもリキュールってどんなものがあるの?と
思われるかもしれません。

代表的なものとしてカシス、カンパリやカルーアなどがあります。
いわゆる甘めのカクテルを作る時に使います。
大抵フルーツの味がするものであったり、カンパリのように薬草の
ちょっとした苦味のあるものであったり様々です。

スピリッツは世界四大スピリッツ(スピリッツ自体は5種類)と
呼ばれるように種類の数としては少ないですが、
リキュールは無限にあります。

では何故リキュールはそんなにいっぱい種類があるのか?
そもそもリキュールって何から出来ているのでしょう?

よろしければコチラをクリックして続きをお読みください。
人気blogランキングへ
クリックしなくても当たり前ですが続きは読めます。
例えば日本酒はお米からできます。(日本酒の回を参照してください)
お米を発酵させ麹を加え日本酒となります。

では例えばカシス(日本名:黒スグリ)のリキュールはカシスを
発酵させて作るか?と言われれば答えはNOです。

ではどうやって作るか?


答えは簡単に言うとスピリッツに果汁を加えることによって作られます。

カシスリキュールでしたらカシスの果汁を、
ストロベリーリキュールでしたらストロベリーの果汁をスピリッツに加えます。

これはあくまでも非常に簡単な例をあげています。
実際には製造会社によってまちまちですが、スピリッツに果汁を加えることは
共通しています。実際カンパリの製造方法はカンパリ社の最高機密として
門外不出です。


さて先ほども書いたようにリキュールには様々な種類があります。
どんな種類があるかはまた別の機会に。


※最近このブログをもっと多くの人に見てもらいたく、
blogランキングに参加しました。
よろしかったら↓をクリックしてください。

人気blogランキングへ

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
今日の一杯

    ・カシスオレンジ

       カシスリキュール 30ml
       オレンジジュース 適量

     泣く子も黙る大メジャーカクテルですね。大抵の、特に女性の方は大好きですね。
     作り方も非常に簡単で、上の二つをかき混ぜるだけです。
     綺麗に作りたければ、最初にカシスをグラスに入れてから
     オレンジジュースを入れれば、カシスの赤紫とオレンジ色の
     コントラストが楽しめます。ただ飲むときは十分にかき混ぜてください。
     カシスは糖分が多いので底にたまりやすいです。

     アルコール度数も低く、飲み易い、甘めのカクテルです。
     
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

     
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://drinkingdrunkdrink.blog42.fc2.com/tb.php/61-f42c16b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。