本格焼酎とは? 乙類焼酎とは? 甲類焼酎とは?

ここでは、本格焼酎とは? 乙類焼酎とは? 甲類焼酎とは? に関する情報を紹介しています。


九州各地の蔵元より集めた本格焼酎を正価販売 相互リンク集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


九州各地の蔵元より集めた本格焼酎を正価販売 相互リンク集

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

いらっしゃいませ。
BAR CAUSATIONです。

さて前回は焼酎の一般的な作り方を紹介しました。

最近、「本格焼酎」や「甲類焼酎」や「乙類焼酎」と
いったような言葉を聞くことがありませんか?
こういった感じで。

九州各地の蔵元より集めた本格焼酎を正価販売


最近では焼酎Barというのも出来てきました。
私自身焼酎が好きなので嬉しいことです。
(バーテンダーと言ってもカクテルばかりを飲んでいるわけではありません)
そしてよく下の店で買う事もあります。





さてでは一つ一つ紐解いていきたいと思います。


まずは「本格焼酎」
これは乙類焼酎の事を意味しています。

字から察するに本格的な焼酎と言う意味ですが、
何をもってして本格というか?

焼酎に限らず飲食物には、本格~とうたっているものは
昔ながらの製法で作っているというモノに対して言いますよね?

焼酎もずばりその通りです。

では乙類焼酎って何なんでしょう?
焼酎の昔ながらの製法って何なんでしょう?

反対に甲類焼酎って何なんでしょう?

何回も言いますが、甲乙と表現していますが決して甲類が
優れているという意味ではありません。

その理由も明らかにします。

今回の事が「参考になった!」 「勉強になった!」
と言う人は↓をクリックして下さい。
人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

それでは乙類焼酎、甲類焼酎の違いです。
以前「春雷(オリジナルカクテルvol.3)」の回でも触れましたが
今回はもう少し深く紹介します。

まず乙類焼酎、甲類焼酎の違いですが、

・乙類焼酎・・・原材料の個性をハッキリと出し、昔ながらの製法で作られる。
・甲類焼酎・・・無味無臭で、飲みやすさを追求して作られる。

と言う事です。

ではこの違いはどこから生まれてくるのか?

甲類は連続式蒸留機で、乙類は単式蒸留機で作られます?
連続式?単式?
何の事かさっぱりわかりませんね。

蒸留というのは中学校の理科で習う蒸留です。
沸点の違いを利用して、より純度の高い液体を作ると言う
やつです。

乙類焼酎の単式蒸留機は世界中の伝統的蒸留酒のほとんどで
使用されている装置です。
原料を麹を使って糖化し発酵させたアルコールを含んだ液体を
加熱・煮沸させ、出てくるアルコールを含んだ蒸気を冷やし凝縮させます。
単式蒸留機で一度だけ蒸留しますので、原料の作り出す風味を
あますことなく引き出してくれます。

それでは甲類の連続式蒸留機は↑の単式を複数重ねます。
これにより何回も蒸留する事で、純度が高くなり純粋な
アルコールになります。
つまりクセが無く飲みやすくなります。
しかしながら原材料の風味は奪われてしまいます。


クセがあるものが好きなら、乙類を、
飲み易いものが好きなら甲類を選べばよいのです。
サワーやカクテルには甲類のほうが合いますね。

どうでしょう?
甲類、乙類違いがお分かりになりましたか?
そして甲だから優れているという意味ではない事もお分かりに
なりましたか?

もしコレを読んで焼酎が飲みたくなったら
↓で買ってみるのもいいではないでしょうか?









今回の事が「参考になった!」 「勉強になった!」
と言う人は↓をクリックして下さい。
人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://drinkingdrunkdrink.blog42.fc2.com/tb.php/69-02cbed27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。