吟醸?大吟醸?本醸造?

ここでは、吟醸?大吟醸?本醸造? に関する情報を紹介しています。


九州各地の蔵元より集めた本格焼酎を正価販売 相互リンク集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


九州各地の蔵元より集めた本格焼酎を正価販売 相互リンク集

いらっしゃいませ
Bar CAUSATIONです。

さて前回のクイズ
「本醸造、吟醸、大吟醸、違いは一体なんでしょう?」

前回日本酒はお米から造るという話をしました。
ではみなさん、お米がどうやって作られるかご存知でしょうか?
農家の方が田んぼで云々という話ではありません。
収穫してからの話です。これが今回の鍵になってきます。

精米という言葉をご存知でしょうか?
いわゆる一般的なお米というのは
玄米(収穫したばかりの状態のお米)
研いで胚芽という部分を落とします。
胚芽というのは昨今食物繊維、ビタミン豊富で
よく取り上げられているやつです。

しかし日本酒には残念ながら(?)不要な部分です。
日本酒の持つ味わいを損ねてしまう部分です。

ですから如何にこの不要な部分を削ぎ落とす事が出来るか

ここに醸造家(杜氏)の魂が吹き込まれます(吹き込む所はココだけではないですけどね)。

さてそろそろおわかりになってきましたでしょうか?
稲を収穫後如何に不要な部分を削ぎ落とす事が出来るか?
これが今回の鍵になってきます。
「本醸造、吟醸、大吟醸、違いは一体なんでしょう?」
の答えです。

「精米の度合い(精米歩合)が違う」

です。

詳しくそれぞれについて書くと

本醸造:精米歩合が70%以下(30%削ぎ落とした)
吟醸:精米歩合が60%以下(40%削ぎ落とした)
大吟醸:精米歩合が50%以下(50%削ぎ落とした)


ということです。
つまり大吟醸が最もお米のもつ味を最大限に引き出す。
精米歩合の値が小さければ、胚芽無しの胚乳(白米の部分)
に近づくということなります。
そしてそれだけ手間がかかるということです。

機械で研ぐだけではなかなか研ぎきれません。
むしろ50%まで研ごうとすると、お米とお米とが
ぶつかりすぎて、お米が割れてしまいます。


どうでしょう?おわかりいただけましたか?
これから日本酒を飲む時には、お米を研いでいる方々の姿を
思い浮かべて飲むのもいいかもしれませんね。

このように作り手の苦労がかかるのは日本酒だけではありません。
全てのお酒に対して言えます。

次回はワインの作り手の苦労について書きます。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
今日の一杯

   ・醸し人 九平次 純米大吟醸

     愛知のお酒です。愛知と長野の県境の所で作っています。
     若き15代目 久野九平冶さんと、同級生であり友人である杜氏の     佐藤彰洋さんのお二人で作っています。仕込み水は、300年かけて     沸いてくるという水を長野まで汲みに行くというこだわりです。
     優しさを感じる中にキリっとした芯を感じます。甘さ控えめな
     日本酒度+4。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://drinkingdrunkdrink.blog42.fc2.com/tb.php/7-ce00f3df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。