ワイン

ここでは、ワイン に関する情報を紹介しています。


九州各地の蔵元より集めた本格焼酎を正価販売 相互リンク集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


九州各地の蔵元より集めた本格焼酎を正価販売 相互リンク集

いらっしゃいませ
Bar CAUSATIONです。

さてワインの味を決めるモノ達、
第一回目はブドウの品種、第二回目は気候、第三回目は土壌でした。

そして今回、第四回目はビンテージです。

ビンテージとは何でしょう?
ジーンズや楽器などの話をする時でも、この単語は時折出てきます。

その場合、大抵はビンテージ物という表現をされます。
いわゆる「年代物」という意味で使われますね。

確かにワインでも「年代物」という表現をする場合があります。
そしてジーンズや楽器と同じくいわゆる年代物のワインは
かなり高額です。

しかしワインの世界ではただ古ければ高額というわけではありません。
また「ビンテージ」という使われ方も違います。

ではワインの世界での「ビンテージ」とは何か?
[ビンテージとは(ワインの味を決めるモノたち)]の続きを読む


九州各地の蔵元より集めた本格焼酎を正価販売 相互リンク集

いらっしゃいませ
Bar CAUSATIONです。

さてワインの味を決めるモノ達、
第一回目はブドウの品種、第二回目は気候、
今回の第三回目は土壌です。

ブドウだけに限らず農作物は良い土があって初めて美味しい
農作物となります。

土の中に含まれるミネラル分や水捌けのよさ、これらは
農作物の味に大きな影響を与えます。

前回の気候の話の中にも出た降雨量を思い出してください。
雨が多い地方で水捌けの悪い土壌の農作物は
水っぽく、更にはカビだらけの農作物になってしまいます。

そしてこの土壌の成分をワインでは大きく語られます。
国富論のアダムスミスは次のように語っています。

「ブドウ樹はどんな果樹よりもその土地の個性を反映しやすい。
 おそらく、どんな栽培・醸造方法によっても得られないような
 ある種の風味を、土地から受け取るのだ」

ワインに現れるブドウ畑の個性のことを「テロワール」という言葉で表現します。
この「特定の地方や畑から造られたワインは特定のニュアンスをもつ」という
コンセプトは、フランスの原産地統制呼称法の基礎となっています。
(原産地統制呼称法についてはまた別の話で。ワイン用語集を見てください。)


同じブドウ品種、同一の醸造方法でワインにしたところ、
出来上がったワインが畑の区画ごとで異なるという話があります。
[ワインの土壌とは、テロワールとは(ワインの味を決めるモノ達)]の続きを読む


九州各地の蔵元より集めた本格焼酎を正価販売 相互リンク集

いらっしゃいませ
Bar CAUSATIONです。

クリスマスも終わり、あっという間に歳末、お正月ムード満点に
なってきました。この変わりの早さが日本の文化なんでしょうね。

さて前回のクイズの答えです。

「赤ワインと白ワインの色の違いはどこから生まれるのでしょう?」

どうでしょう?お分かりになりましたでしょうか?

ヒントはブドウの皮をむくと何色に・・・


もうお気づきですね。


答えは
「ブドウの皮と一緒にブドウを発酵させるか、させないか」
です。


皆さん、ブドウを食べる時に皮を取りますよね。
取ると白いですよね?

赤ワインはその名の通り赤いです。
白ワインもその名の通り白いです。

つまり赤ワインの赤色はブドウの皮から出てきたものです。

どうでしょう?お分かりになりましたか?


さて今日はワインの味を決めるモノ達
気候編です。



[気候とは(ワインの味を決めるモノ達)]の続きを読む


九州各地の蔵元より集めた本格焼酎を正価販売 相互リンク集

いらっしゃいませ
Bar CAUSATIONです。

今日はクリスマスですね。
昨日紹介した赤ワイン、そして今日紹介する白ワインと
どちらもクリスマスのムードを盛り上げてくれます。
そして選んだワインが料理に合い、相手に合うワインなら
なおさらです。

さて今回は前回に引き続きブドウ品種についてです。
前回は赤ワイン、今回は白ワインです。

前回にも言いましたがワインの味を決めるのは以下の5つです。

1.ブドウ品種
2.気候
3.土壌
4.年(ビンテージ)
5.生産者の心意気


ワインはブドウの品種によって様々な味わいを見せます。
白ワインですと大きく分けると辛口、甘口と分かれてきます。

では白ワインの代表的な3つの品種について書きます。


      


[白ワインのブドウ品種とは(ワインの味を決めるモノ達)]の続きを読む


九州各地の蔵元より集めた本格焼酎を正価販売 相互リンク集

いらっしゃいませ
Bar CAUSATIONです。

今日はクリスマスイヴですね。
今日、明日とワインを片手に幸せな気分に、安らぎの時間を
過ごしてみるといいかもしれませんね。
何かが起こるかも知れません。

さて今回はワインの味についてです。
ワインの味を決めるのは以下の5つです。
なお以下に挙げるのは、ワインを造った瞬間の話です。
保管方法や飲む時の温度は今回は割愛します。

1.ブドウ品種
2.気候
3.土壌
4.年(ビンテージ)
5.生産者の心意気


大きくこの5つです。
今日から5回にわけてそれぞれについて話したいと思います。
というわけで今日は1のブドウ品種についてです。
ちなみに今回は各品種について細かくは書きません。
代表的なものを簡単に。
細かくはまた別の話で。。。。

さてワインはブドウの品種によって様々な味わいを見せます。
渋みが強いもの、弱いもの。少し甘いものなどなど。

では赤ワインの代表的な3つの品種について書きます。

[ブドウ品種とは(ワインの味をきめるモノ達)]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。